HOME>会社情報>社長挨拶

社長挨拶

弊社は1930年に創業し、各種の無機薬品をゴム製品メーカー様へ納入することで事業を始めました。戦後は石油化学工業の勃興・発展に伴い有機薬品や顔量なども手掛け、取り扱い品の幅を広げました。


1970年代の日本の高度成長期には添加剤である薬品類から合成ゴムや合成樹脂のような原料本体を主に取り扱う化学品専門商社へ転換しました。


1980年以降は合成ゴムや各種ゴムパウンドを海外から調達し、自動車部品や工業製品を製造するユーザーに販売することに全社を挙げて注力し、これらの商材がその後の弊社の主要取扱品となっています。


弊社では数多くの工業原料の中からニッチ商品を選択し、海外の有力なメーカーから調達することをモットーにしてきました。台湾から輸入しているニトリルゴムや完全架橋型熱可塑性エラストマー(TPV)、ベルギーやアメリカから輸入している工業用天然ダイヤモンド、同じくベルギーから輸入しているレアメタルパウダー、英国から輸入している光ケーブルや、超高圧電力ケーブル用防水コンパウンドは当社の代表的取り扱い商品ですが、いずれも競合品の少ない高機能のニッチ商品です。


ボーダーレス経済のもと、弊社ではユーザーの海外生産シフトに伴い、所謂OUT-OUTの三国間取引を手掛けてきましたが、更なる強化のため香港に加え、上海とバンコクにも現地法人を設立しました。また、これらの拠点やインドネシアなどの代理店を活用したローカルビジネスの育成にも取り組んでいます。


一方、弊社ビジネスの基盤であるゴム工業、電線工業、工業ダイヤモンド工業との長年の関わりを更に強化するため原料から製品までを合言葉にゴムコンパウンドのような半製品から防振用金属部品、電子ワイヤー、ダイヤモンド部品の輸入販売や三国間取引に取り組んでいます。


長年わたる弊社と内外のユーザーならびに調達先との信頼関係を更に強化し、今後ともニッチ&グローバルをモットーにユニークな海外関連ビジネスを展開してゆきたいと考えております。


代表取締役社長 椎名孝雄